株式公開支援

  株式公開をすると、不特定多数の投資家からの資金調達等が可能となる一方で、投資家を守るための ディスクロージャー負担の増加、敵対的買収や投機的取引の対象となるリスクの増加等が発生します。

株式公開のメリット

オーナーにとっては、株式の売却が容易になり、創業者利潤の獲得が容易になります。
資金調達手段が増大し、財務体質の強化が図れます。
企業の信用力・知名度が増し、取引範囲の拡大・優秀な人材の獲得等が可能となります。
上場準備作業において、組織的経営を進めていく上で、内部管理体制が整備・充実していきます。

例えば、後継者がいないオーナーが、創業者利潤を獲得して老後資金等を確保するとともに、優秀な人材にこれまでの事業の 発展を託し、従業員の雇用や取引先の維持といった責任を全うすることも可能となり得ます。

株式公開のデメリット

内部管理体制を高めたり、四半期毎の迅速な業績開示のための人材の獲得費用、監査費用、株主総会費用等、相当の費用負担や労力が必要となります。
敵対的買収や投機的取引の対象となるリスクが発生します。

当社では以下のサポートをさせていただきます

上場企業の監査や上場支援の経験がある公認会計士が、 以下のサポートをさせていただきます。

1. 短期調査(ショートレビュー)による課題抽出:監査法人/弊社
2.株式公開に向けた資本政策の立案;証券会社/弊社
3.予算制度の構築、社内規定の整備、業務フローの作成支援等:弊社
4.社内規定・業務フロー等の運用開始:お客様
5.月次決算の早期化支援等:弊社
6. 「上場申請のための有価証券報告書」作成支援:弊社
7.証券会社/証券取引所の審査、財務局への書類提出:お客様

まずはお気軽にご相談下さい。
月曜~金曜まで 受付時間 9:00~17:30
Tel: 052-571-3315
フォームからご相談はこちらから

このページのトップへ