M&Aとは?

M&Aとは「Mergers and Acquisitions」の略称で、企業の合併と買収を意味します。
具体的には、合併、株式交換、株式譲渡、営業譲渡、会社分割等により、会社の事業規模の拡大や新規分野への 進出を図ったり、事業承継問題を解決したり、経営破綻状態にある会社を救済したりと、さまざまな場面で活用されています。

当社は、中堅・中小企業、成長企業をサポートします!

様々なクライアントや金融機関等とおつきあいをする中で、M&Aを行いたいが、「当社の規模では取り扱ってくれなかった」という相談を受けることがよくあります。 一般的には1,000万円以上の報酬でなければ取り扱われないケースが多いようです。

 しかし、小規模の事業の場合等で、当事者間での合意が得られやすいのであれば、簡便的な手続で済ませる場合も 有り得るかと思います。例えば、事業承継者がいないが健康上の心配をされている社長が、従業員の雇用と奥様の 老後資金を獲得するために、従業員その他の方に事業を売却して、売却収入と工場の賃料収入を奥様の生活資金に 充てるという方法で、従業員も奥様も取引先等についても現状を維持することが可能となる場合があります。

つまり、中小企業にとって、M&Aは事業承継の有効な解決手段と成り得るのです。

また、当社が実績を挙げている事業再生においても、M&Aが有効な解決手段と成り得る場合があります。
もちろん、スピーディに新たな事業を展開したり、事業規模を拡大する等の手段としても有効です。
当社は、上場準備会社へのコンサルティング実績もありますので、様々な規模の会社のニーズにお応えできます。

会社経営上でお困りなことがございましたら、一度お気軽にご相談して下さい。

まずはお気軽にご相談下さい。
月曜~金曜まで 受付時間 9:00~17:30
Tel: 052-571-3315
フォームからご相談はこちらから

アドバイザリー報酬のガイドライン

 M&Aにおいては、最低報酬金額が1,000万円と設定しているケースも多く見られますが、事業規模が小さいとの 理由から取り扱ってもらえなかった等の相談を受けることがしばしばあります。しかし、当事者の合意がある場合等で 手続を簡便化できる場合もあり、当社の場合、最低報酬金額を300万円(税抜)で設定しました

【レーマン方式による報酬ガイドライン】

取引金額 手数料率
5億円以下の部分 6%
5億円超10億円以下の部分 5%
10億円超30億円以下の部分 4%
30億円超50億円以下の部分 3%
50億円超の部分 2%
  • ※アドバイサリー契約の締結時に着手金として50万円が必要になります。
    なお、着手金につきましては最終的に成約に至らない場合でもご返金はありません。
  • ※M&Aや事業再生等においては、企業の実態を把握するために、通常、財務デューデリジェンスを実施しますが、  財務デューデリジェンスに係る費用については、別途お問合せ願います。